経口摂取することで避妊効果を得ることが出来るピル。通販のようにお手軽に、簡単に、ピルをネット経由で購入することが出来ます。通販方法については当サイトを参考になさってください。

東京のクリニックでピルの処方が可能、使い方を守ろう

東京にはピルを処方してくれるクリニックがありますので、避妊したいときに利用できます。
東京に住んでいる人の場合には、近くのクリニックに処方してもらうことが最適です。
ピルを受け取るには年に数回の通院が必要になることから、東京の近くの病院で処方してもらったときには不便になります。
ピルの種類としては21錠入りのものと28錠入りのものがあり、1シート分を服用し終わったら7日間休んでから新しいシートのものの服用を開始します。
休んでいる期間中に卵胞が発育することになるので、新しいシートを飲み始めるときには遅れないようにすることが大切です。
28錠入りのピルは7日間の休薬期間中に、飲み忘れることを防ぐためのものとなります。
ピルの使い方は、1日1錠の服用が必要で、決められている順番の通りに決まった時間に服用を行います。
飲み忘れていることに気付いたときには、すぐに服用する必要があります。
一般的な女性の月経の周期は28日間ですので、この期間に合わせて毎日服用を行うことで避妊できます。
初めてのピルの使い方としては、Day1スタートとSundayスタートがあることを知っておくことが大切です。
Day1スタートの場合には、月経がはじまった1日目から服用を開始して、Sundayスタートの場合には月経がはじまってから最初の日曜日からピルの服用を開始します。
カレンダー通りに飲むことによって飲み忘れがないかどうか、確認しやすくなりますし、週末の出血を避ける効果があります。
使い方としてはDay1スタートを使うときには、服用の開始日がわかりやすいというメリットがありますが、月経の開始日をコントロールすることが難しくなります。
Sundayスタートの場合には、最初の1週間は他の避妊を行う方法との併用が必要になりますが、月経が週末と重なることを防ぎやすくなります。