経口摂取することで避妊効果を得ることが出来るピル。通販のようにお手軽に、簡単に、ピルをネット経由で購入することが出来ます。通販方法については当サイトを参考になさってください。

大阪でピルの処方と嘔吐

低用量ピルは避妊目的で使用する人が多いのですが、なんらかの理由で薬の効果が落ちてしまわないかと心配している人もいるでしょう。下痢や嘔吐があった時に薬を飲み直す必要があるのかと悩んでいる人もいるかもしれません。服用して4時間程度経っていれば問題ないのですが、4時間以内に激しい下痢や嘔吐があった場合は薬をしっかりと吸収できていない可能性があります。そこで低用量ピルの服用直後に下痢や嘔吐で効果が落ちたかもしれないという場合、12~24時間以内に病院に行って相談してみると良いでしょう。それは12~24時間以内に適切な対処を行うことにより、避妊効果を保てることが多いためです。どうしても病院に行くことができないという場合、1錠追加して服用することで効果を期待できます。下剤を服用したい場合は先にピルを服用することが大切であり、ピル服用してから4時間程度空けてから下剤を服用しましょう。嘔吐しやすい人は酔い止めを活用することが大切であり、乗り物酔いなどが心配な場合は酔い止めを持ち歩くのがオススメです。もちろんどれだけ注意しても下痢や嘔吐は突然やってくることがありますし、上手く対応できなかった場合は2週間程度様子を見ると良いでしょう。効果がないかもと感じても2週間程度は様子を見ることが大切であり、2週間程度しっかりとピルを服用すれば効果が出てくることも多いです。また、避妊効果を弱める薬とピルを一緒に飲んだ場合、飲み終わりから14日間は他の避妊法と併用することが大切です。大阪でピルを処方してもらいたいという場合、大阪で信頼できる病院を探してみると良いでしょう。「大阪 ピル 病院」などといったキーワードで検索するのがオススメです。