経口摂取することで避妊効果を得ることが出来るピル。通販のようにお手軽に、簡単に、ピルをネット経由で購入することが出来ます。通販方法については当サイトを参考になさってください。

モーニングピルの副作用について

モーニングピルは、妊娠回避率が80%と言われており、性行為から24時間以内に服用すれば95%という高確率で望まない妊娠を回避できます。高い効果があるために、低容量ピルより副作用が出やすいとされます。しかし実際に副作用を感じる人は1割程度で、中絶手術を行う場合と比較して身体的あるいは精神的負担は小さいです。モーニングピルの副作用は、胃腸からホルモンが吸収されて血中濃度が上がる時間に症状が現れ、一般的に服用後2~3時間後とされます。主な副作用に嘔吐や吐き気があります。モーニングピルを服用して、2時間以内に嘔吐した場合は、有効成分が十分に吸収されていない可能性があります。1回目の服用の副作用で2回目のピルを嘔吐するのは、最も危険です。その場合は、追加で服用する必要があるので、病院に行って医師の診察を受けます。嘔吐するのが不安な人は、一緒に吐き気止めを処方してもらいます。医師から処方されないときは、市販の酔い止め薬でも効果があります。その他には、胸の張りやめまい、腹痛、体重増加などが挙げられますが、服用した人の体質や体調によって症状の現れ方は異なります。モーニングピルで太ったと感じるのは、食欲が増加して細胞がたくさん水を溜め込むためです。一時的なもので体重はすぐに戻ります。またホルモンの影響で乳腺が発達するので、妊娠したと不安になる人がいます。胸の張りなど妊娠初期の症状は、生理予定日を過ぎてから起こるので、モーニングピルを服用した場合は、副作用を考えられます。これらの副作用は服用後24時間以内に緩和されます。ただし服用後に胸痛や激しい頭痛を感じたら、重篤な副作用の可能性が高いので医師の指示に従います。